視力回復トレーニングの方法の情報館

自宅で無料でできる視力回復トレーニング方法や、毎日できる効果的な訓練の方法を解説しています。

サイトトップ > 視力回復トレーニング法の注意点とは?

視力回復トレーニング法の注意点とは?

視力回復トレーニング法には、なにか注意点のようなものはあるのでしょうか?もちろん、あります。これを守らない場合、視力訓練をしたがために、かえって視力低下を引きおこす可能性があります。ポイントは2点です。

まず、視力回復のトレーニング法は、たいてい目の筋肉を鍛える眼筋トレーニングになります。目の筋肉も、体の筋肉、骨格筋と同様に、やりすぎるとオーバーワークになります。ひどくなると肉離れを起こしかねません。

眼筋トレーニングで目を速く動かすことが効果的だからといって、長時間激しい目の訓練をしていると、外眼筋を傷める危険があるのです。

そうならないためには、眼筋トレーニングの前には、十分な眼筋ストレッチをするといいでしょう。これもスポーツと一緒です。筋肉を使う前に、十分にウォーミングアップし、温め、伸ばしておけば怪我が少なくなるわけですね。

視力回復トレーニング法には、そのほかにも注意点があります。これはとくに毛様体筋のトレーニングにいえることですが、まばたきを忘れてはいけないということです。

遠くを凝視する視力回復トレーニング法では、見づらい対象をよく見ようと意識するために、どうしてもまばたきをせずに訓練に没頭しがちです。

しかし、これでは目によくないのは当然ですよね。
まばたきの役割には、目の表面をうるおす、光学的に安定させる、細菌を退治する、ごみを洗い流す、角膜に酸素を届ける仲介役になる涙を分泌する、涙を排出する、外眼筋をわずかに上下に運動させるなどの意味があります。

まだあります。
まぶたを閉じる一瞬に、網膜や毛様体筋、虹彩筋が休まるのです。光が遮断されるので当然ですよね。

このように視力回復トレーニング法では、2つの注意点を必ず守りましょう。そのほかの注意点としては、部屋の照明を明るくする、夜中に行なわない、疲れているときは中止するということでしょうか?

結局視力回復トレーニング法というのは、眼筋トレーニングですから、スポーツや運動と同様に考えれば、おのずと注意点が見えてくるのです。

視力回復トレーニングの方法とは?一覧