視力回復トレーニングの方法の情報館

自宅で無料でできる視力回復トレーニング方法や、毎日できる効果的な訓練の方法を解説しています。

サイトトップ > 視力回復トレーニングをテレビでする方法とは?

視力回復トレーニングをテレビでする方法とは?

視力回復トレーニングをテレビを見ながらするという、一見無謀にも思える方法を考えてみたいと思います。

通常、テレビを長時間見ることは、目に悪いとされていますね。あまりに近くで見ていると近視・近眼になったり、横目で見ていると乱視になったりする危険が、よく指摘されます。

視力回復トレーニングをテレビを見て行なうアイデアを紹介する前に、テレビに対して、ふたつの意見があるのをご存じですか?

ひとつは近くでテレビを見すぎると、毛様体筋が緊張するため、離れるべきだというもの。こういった主張をする人は、テレビからは紫外線やX線、ガンマ線など目に有害な青色光が出ているので、離れないと、眼病を引きおこす危険があるし、眼精疲労のもとになるといいます。

いっぽうテレビは近くで大画面で見たほうが、疲れ目はなく、視力低下も起こらないと主張する人がいます。これは近いほど、視点移動が活発になる、つまり外眼筋の運動になるので、視力回復トレーニングになる、というわけです。

映画館のスクリーンのような大画面になるほど、目が動くので、目の運動になり、視力回復トレーニングがテレビを見ながらできるというわけですね。

結局どちらの主張が正しいのかは、わかりません。
ある視力回復センターでは、テレビは近づいてみると危険だと主張します。これは視力の訓練自体が室内凝視訓練法だから、そういった理論から出ているのでしょう。

いっぽうテレビを近づいてみるべきだという人は、たいていベイツス学派を支持しています。これは外眼筋が緊張をおこすために、眼球を変形されて、視力低下が急激に起こるという理論です。

無難に行くなら、これらの考え方をあわせて、できるだけ大画面のテレビを購入し、ある程度の距離をとって観賞するのがいいのではないでしょうか?何事も極端はいけませんよね。

視力回復トレーニングをテレビを見ながらするには、以上のように、大画面のなかを頻繁に視点移動することです。それとともに、まばたきを忘れないようにしましょう。正常な人の正しい目の使い方として、3秒に1回程度まばたきをするといわれています。

そしてコマーシャルの間は、目をとじるとか、視力回復のツボを指圧する時間、と決めてはいかがでしょうか?そうすればテレビのコマーシャルのたびに、視力のツボ、たとえば顔のツボ、頭のツボ、眉毛のツボ、後頭部のツボ、手のツボを指圧する習慣をつけることができます。

以上が視力回復トレーニングをテレビで行なうために、考えられる有効な方法になります。

視力回復トレーニングの方法とは?一覧