視力回復トレーニングの方法の情報館

自宅で無料でできる視力回復トレーニング方法や、毎日できる効果的な訓練の方法を解説しています。

サイトトップ > 視力回復トレーニングを短期で行なうコツとは?

視力回復トレーニングを短期で行なうコツとは?

視力回復トレーニングを短期で行なう秘訣というものはあるのでしょうか?

結論から言うと、仮性近視なら短期間で視力を回復させることができます。仮性近視というのは、厳密にいうと近視ではなく、たんに毛様体筋が緊張しているだけだからです。肩こりのような症状なのです。

そのほか視力回復トレーニングで短期に目がよくなる場合というのは、子供、近視になってからそれほど時間が経っていない場合が挙げられれます。

反対に成長期をすぎた大人や、近視歴何十年という人は、長期戦を覚悟しなければならないのは当然ですよね?

ただし視力回復トレーニングの効果を短期間で、実感する方法はります。いいかえると視力訓練の直後に、一気に視力がアップする方法です。

遠くを見ることが目にいいとはよく聞きますが、この方法では即効性はありません。長期間続けていくぶんには、有効ですが。

短期で実感できる視力回復トレーニング法は、毛様体筋の視力トレーニングです。たとえば人差し指を立て、壁のカレンダーの文字と、5秒くらいずつ交互に見比べます。すると遠近調節を司っている毛様体筋がほぐれるために、訓練後すぐに遠くにピントが合ってきます。

仮性近視の子供や老眼がない人が行なえば、視力回復トレーニングを短期で実現することができます。この方法ですぐに効果を実感できない人は、水晶体の硬化が始まっている、つまり老眼がはじまっていることが考えられます。

そのほか視力回復のツボは、もっとも即効性があります。
これも視力回復トレーニングを短期で実感する方法になります。特に眉毛のツボを指圧すると、指圧後すぐに視力がアップします。眉毛には三つのツボがあります。

そのほか手のツボをおしても、かなりの視力アップがあり、即効性があります。

以上のように視力回復トレーニングで短期に効果を出す方法はあるわけですが、別の視点にたてば、数多くの方法があります。

つまり視力の矯正をしてしまうのです。
メガネやコンタクトレンズ(使い捨てコンタクトレンズ)を装用すれば、たとえ視力0.01でも、つけた瞬間に視力がアップする現象が起きますよね?生活が快適になることが目的だからです。

そのほかレーザーを角膜に照射するレーシック手術をうければ、術後にすぐに視力を回復させることができます。考え方しだいですね。そのかわり、いったん角膜を削ってしまうと元にはもどせないので、よく考える必要があります。

視力回復トレーニングの方法とは?一覧