視力回復トレーニングの方法の情報館

自宅で無料でできる視力回復トレーニング方法や、毎日できる効果的な訓練の方法を解説しています。

サイトトップ > 視力回復トレーニングセンターで視力アップ!

視力回復トレーニングセンターで視力アップ!

視力回復トレーニングセンターは、目を治したい人は一度は通おうと思ったことがあるでしょう。あるいは、すでに通ったことのある人、現在通っている人もいるかもしれませんね。

視力回復トレーニングセンターには、たとえば東京視力回復センターとか、視快研、アイトレインなどがあります。子供の視力低下を予防し、視力回復をめざす視力回復トレーニングセンターで有名な施設として、眼育というものもあります。

いずれの視力回復トレーニングセンターでも、多くの近視・近眼、遠視、乱視、老眼の人を指導していますから、臨床というかそれなりのノウハウが蓄積しています。

あなたがもし、視力回復トレーニングを毎日つづける自信がないのなら、こういった視力回復トレーニングセンターに入会してみるのもいいでしょう。視力回復の専門家、インストラクターの親切な指導を受けることができます。

たとえば東京視力回復センターでは、室内凝視訓練法を行なっています。市販されている視力回復の本やサイトを見るかぎりでは、室内の少数視力表の前に座り、少し見づらいものを明視・凝視して、見ようと努力することで、毛様体筋を弛緩させ、水晶体を薄くしていきます。

東京視力回復センターでは、超音波治療器ソニマックも併用して訓練しているようですね。

そのほか視快研や眼育では、子供の視力回復にとくに焦点をあてて教えているようです。子供の年代は視力回復しやすいので、できるだけ早期発見すべきです。子供の視力は大人の3倍以上で視力低下する反面、視力アップのスピードもとても速いものなのです。

視力回復センターによっては、ベイツス理論の腕振り運動を取り入れている施設もあるようです。それぞれに特色があって面白いですね。中川氏の主催する視力回復トレーニングセンターでは、脳に着目した訓練が行なわれています。テレビにも出演していますよね。なんでも「見える!」と口に出して、試視力表を読んでいくというユニークな方法を採用しています。

この中川氏は、視力回復の本も出版しています。

このように視力回復トレーニングセンターには、いろいろな種類があります。しかし、なかには自宅から遠くて通えない人もいるかと思います。その場合は、インターネット上にある視力回復のための通信指導、通信教育を利用してみたらどうでしょうか?

インターネット上には、市販の視力の本には書かれていない視力回復のコツ、秘訣、極意が詰め込まれたマニュアルが販売されています。たとえばニンテンドーDSで同じみの川村博士ですね。川村氏はもともと速読教室を開催している人です。

こういった視力回復の通信指導をうければ、疑問点をメールで質問できるので、あたかも視力回復トレーニングセンターに通っているのと同様の効果が得られるというメリットがあります。

視力回復トレーニングの方法とは?一覧