視力回復トレーニングの方法の情報館

自宅で無料でできる視力回復トレーニング方法や、毎日できる効果的な訓練の方法を解説しています。

サイトトップ > 視力回復トレーニングの本で目がよくなる?

視力回復トレーニングの本で目がよくなる?

視力回復トレーニングの本は、今や書店に行くと、数多く本棚に並んでいます。

まず目につくのが、3Dのマジカルアイの視力回復トレーニングの本。これはステレオグラムの原理で、平行法や交差法によってイラストや写真を見ると、立体的に浮き出て見えるという視力訓練法です。

これで視力改善できるかどうは別にして、勉強の合間に行なうと気分転換になりますし、ストレスの解消になるでしょう。目は脳と密接に関わっていますから、長期間行なえば、もしかしたら視力回復に効果的かもしれませんね。

そのほか中川氏による視力回復トレーニングの本が目につきます。かなり多くの書籍を出版されています。この方の理論は、脳を活性化させることによって、視力をアップしようというものです。最近は、テレビ出演もよくしていますね。

この方は、もともとアメリカの検眼協会の資格であるオプトメトリストであったと思います。脳が視力回復に有効かどうかはわかりませんが、たしかに脳と目は密接にかかわっています。

子供が弱視になると、眼球は正常にもかかわらず、視力1.0がでませんし、子供が脳にストレスをうけると、同様に眼球に異常はなくても、視力が低下します。

そのほかの視力回復トレーニングの本としては、松崎氏による書籍がありますね。これは目を移動させて何秒か維持することによって、眼筋トレーニングと眼筋ストレッチを一緒に行なうようなイメージです。また虹彩筋のトレーニングも提唱しています。この方の理論は、たしかメガトレだかいう視力回復機として販売されていましたね。

あとは、ヨガ系の視力回復トレーニングの本なんかもあります。体のゆがみを治し、呼吸を整え、体にいい食生活をおくって、目をリラックスさせれば視力が改善するというものです。しかし、こういった本を読んで、実際に視力がアップする人はいるのでしょうか?

視力回復トレーニングの本を購入してきただけで、目がよくなるのは、仮性近視の人か、屈折性近視の人ではないかと思います。

視力0.01という強度の近視の場合は、なかなか思うように視力がよくなっていかないものです。眼軸がのびている軸性近視だからです。

この場合は、視力回復トレーニングの本よりも、サイトで検索して調べたり、ネット上にある視力回復のマニュアルで通信指導を受けたほうがいいように思います。

視力回復トレーニングの方法とは?一覧